Interview

個別インタビュートップ
開発部
佐藤駿介
/
メンバー
プロダクトを通して、生産性を高める仕組みをつくる
ー ビズリンクを一言で言うと?

「営業のプロ集団」ですね。

ー 入社する前はどんなことをやっていましたか?

鉄道会社で電車の運転士をしていました。

現在はエンジニアなので中々珍しいパターンの異業種転職だと思います。

ー なぜビズリンクを選んだのですか?

エンジニアとしてのキャリアを未経験でスタートするにあたり、急成長中のベンチャー企業であるビズリンクを選びました。

ビズリンクの「未来の“はたらく”あたりまえを創る」というミッションに深く共感し、このビジョンの実現に貢献したいと感じました。

また、ビズリンクがフリーランス(エンジニア)のエージェント事業を主軸としていることで、IT業界の動向を直接見ることができる点が非常に魅力的でした。

個別インタビュー画像1
個別インタビュー画像2
ー 担当業務について教えてください!

開発部でエンジニアとして在籍しています。


主に社内向けの業務改善のシステム開発であったり、弊社HPのリニューアル・改修業務を担当しています。

ー ビズリンクに入って驚いたことは?

社員の平均年齢の若さですね。

前職は所謂、典型的な日系大企業で年配の方も多かったので、ギャップが大きく特に驚きました!

活気がある雰囲気で楽しくお仕事ができています!

ー あなたが思うビズリンクの強みは?

徹底的に管理された数値目標、そしてそれが個々の社員に落とし込まれており、再現性の高いアクションプランが練られていることです。
倍々成長している弊社ですが、高い目標に対しても達成するためのプロセスを明確にすることが重要だと感じました。

ー あなたの座右の銘は?

「今日が人生で一番若い日」です。

何かに挑戦することに「遅かった」ということはなく、常に今日その時がその挑戦を始める最善・最短の日だと思っています。

ー 将来の夢はありますか?

・エンジニアとして経験を積んだのち、自分のサービスを立ち上げてみたい。
・鉄道業界での経験を活かし、日本の鉄道業界のDXを推進するプロダクト開発に携わりたい。

やりたいことはいっぱいありますが、この2つは必ず成し遂げたいです!

ー 仕事をする上で大事にしていることは?

言われたことを言われた通りにやるのではなく、常に論理的根拠を持ってより良い業務提案を行うということを意識しています。

エンジニアリングというのは、あくまで課題解決の手段と考えているので、開発すること自体が目的にならなったり、依頼されたものをそのまま作ることはしないように意識しています。

そのためにも、常に業務全体を俯瞰し、依頼者の視点に立ち、同じ目線で一緒に考えるという姿勢を大切にしています。

ー どんな人に入ってきて欲しい?

常に現状に疑問を投げかけ、新しいアイデアを試していけるようなパイオニア気質の方とは一緒に楽しく働けると思っています。

弊社のバリューでも「イシュードリブン」というバリューがあるのですが、常に当たり前を疑える方と一緒にお仕事をしたいです!

業務効率化のためのアイデアを営業の方と話していると、例えその実装ハードルが高かったとしてもワクワクしてきますね笑。


業務に慣れてしまうとそう言った視点はどうしても薄れていってしまうものですが、常に「これでいいのか?」という疑問を持ち、本質を捉えられる方は、変化の早いビズリンクで活躍できると思います!

BizLink Logo